Reactを使いこなそう!初心者の実践記録

前回作ったToDoList アプリは、私のGitHubでダウンロードして頂けます!

これからWebエンジニアになってバリバリ稼いで行きたい方!

一緒にReactを勉強してどんどん仕事をとって行きましょうね。

VSCodeのセッティングでつまずいた方・・・

MacならターミナルもしくはiTermをインストールして、Atomでプログラムを書くことをお勧めいたします!

VSCodeは、便利ですが、初心者には高機能すぎるかもしれません。。

最初は、テキストエディタ(Atom)と通信ソフト(ターミナル)の操作がくっついているなんて、なんて素晴らしい!と思いましたが、、よくよく考えると素人にはややこしくて仕方ないです。

なので、別々で行う方が解りやすいと思います。

別々でアプリを作って見たら、なんともサクサク開発環境も作れました!

 

 

REACTで作れる様々なプログラム

前回YouTubeで教わったプログラミングチュートリアルさんのUdemyの講座を受けることに致しました。

なので、今日はReactのmap関数〜filter関数、spliteについて学んだので、そのアウトプットとなります。

よろしくお願いします!

map関数を使ったreactコンポーネントの作成

Reactの勉強は、SandBoxが便利!

I/OInput/Output】入出力共にできるシステムを持つサイトやプラットフォームが増えていますね。

SandBoxというサイトにサインアップすると、なんとReact開発環境の構築が不要です。

すぐにソースコードを書きたい方は、ぜひアカウントを作ってサクサクコーディングしていきましょう。

React以外も使えるのでとても便利な様です。

filter関数

条件を満たした要素だけを残す関数(条件を満たさない要素は削除)

App.jsに記述。

出来ること → word の配列に文字の長さを指定してそれ以下の文字を表示させる

splice関数を使ったreactコンポーネント

Liked Liked
No Comments